忍者ブログ
ブログ主が仕事や個人的に学んだPC系・プログラミング系(VBAとかHTML)について書いていく備忘録ブログ。 ※ここで記載する内容はあくまで「個人的に」上手くいく内容です。ご使用には十分注意してください
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
Posted by 若槻風亜 - 2016.03.13,Sun

(対象)VB2010(VB.NET)


テキストの保存・読み込みの方法はいくつか
あると思いますが、サイト主は9割方以下の
方法を使用しています。


<保存>
Using FileWrite As New System.IO.StreamWriter _
  (ファイルパス, Boolean, System.Text.Encoding.Default)
      FileWrite.WriteLine(保存内容)
End Using

FileWrite   ・・・ StreamWriter型の変数名
ファイルパス  ・・・ 保存先のパスとファイル名(拡張子つき)
Boolean   ・・・ True/Falseのいずれか。
           True  = 保存内容を末尾に追加
           False = 保存内容ですべて上書き

※複数書き込みをしたい場合は「Do-Loop」や
 「For-Next」で処理を回す
 



<読み込み>
Using FileRead As New IO.StreamReader _
  (ファイルパス, System.Text.Encoding.Default)
     Do Until FileRead.EndOfStream
           変数 = FileRead.ReadLine
     Loop
End Using

FileRead   ・・・ StreamReader型の変数名
ファイルパス  ・・・ 保存先のパスとファイル名(拡張子つき)
EndOfStream ・・・ Boolean型。「ファイルを読み終わるまで」
ReadLine   ・・・ 1行ごと読み込む。
            Read    = 1文字だけ読み込む
            ReadToEnd = 全て読み込む


変数に入れなくても直接コントロールに格納
可能ですが、一度変数に入れてから中身が空だったり
形式がそぐわない場合の判断時にちょっと
見やすくなります。




拍手[0回]

PR
Posted by 若槻風亜 - 2016.01.05,Tue

(対象)Excel VBA
(確認)Excel2010、2013


今回はExcelブック自体にパスワードをつける
方法です。


(手順)
1.Excel ブックを開く
2.名前をつけて保存
  
3.「ツール」-「全般オプション」

4.パスワードの設定
  読み取りパスワード → 入力しないと中身も見えない
  書き込みパスワード → 入力しなくても中身は見える

  1)パスワード設定画面
    

  2)読み取りパスワードを追加した場合、次に開く時
    最初に出るダイアログ
    

  3)書き込みパスワードを追加した場合、次に開く時
    最初に出るダイアログ
    

  4)読み取り専用を推奨するにチェックを入れた場合、
    次に開く時出るメッセージ
    

  2)~4)までは設定したものは全て表示される





このパスワードは忘れてしまうとどうしようも
ありませんのでご注意ください。



拍手[0回]

Posted by 若槻風亜 - 2015.09.30,Wed
<ソフト名>
 CompareHeight
 
 
<機能>
 1.登録した人物で身長比較
 
 
<開発言語>
 VB2010
 
 
<使用用途>
 1.登録した人物の身長をグラフにして比較する
  (作成者は創作キャラの身長差を見るために作成しました。
   Excelとか写真屋とかでいちいち作るの面倒だったのです。。。)
 
 
<ファイル>
 (クリックするとダウンロードが始まります)
 
 
 (内容物)
   1.本体(CompareHeight.exe)
   2.ReadMe_CompareHeight.txt
   3.dataフォルダ(ない場合は作成される)
 
 
 (ウィルス検査)
   済み。異常なし
 
 
 (注意1)
   動作には十分注意して作成しましたが、
   ダウンロードして使用する場合は自己責任で
   お願いします。
 
 
 (注意2)
   GoogleChromeでダウンロードしようとすると
   ブラウザの仕様上以下のメッセージが出ますが
   その場合は「継続」を押してください
   
   
  
  
  以下より詳細説明
 


拍手[6回]

Posted by 若槻風亜 - 2015.07.01,Wed

(対象)Windows7


(やりたいこと)
パブリックネットワークを消して社内ネットワークにつなげ直す


通常はネットワークと共有センターの「接続または切断」の
「ネットワークの場所の結合または削除」で削除できますが、
消したくても「削除」のボタンが使えないことがあります。

以下は削除ボタンを使えるようにするやり方とも言える
でしょうか。
(ちなみにブログ主はこのやり方で上手くいくまで上の
削除ボタン使えた試しがありません)

なお、もしかしたら以下の方法の5番で削除じゃなくて
「無効」にして立ち上げ直したら同じことが
出来るかもしれません(未実証)



※LANケーブルをつないでいる場合での説明です
※ブログ主は以下の方法で出来ましたが、実行する場合は
 自己責任でお願いします


(方法)
  1.LANケーブルを外しておく
  2.「コントロールパネル」-「デバイスマネージャー」
  3.「ネットワーク アダプター」を展開
  4.「ローカルエリア接続」で使用している
    ネットワークを選択(※1)
  5.右クリック-「削除」
    !この時「このデバイスのドライバーソフトウェアを
     削除する」のチェックは必ず外しておく
    

  6.再起動
 
  7.「コントロールパネル」-「ネットワークと共有センター」
  8.「接続または切断」-「ネットワークの場所の結合または削除」
  9.該当ネットワークの削除
 10.IP等の再設定
    

  11.LANケーブルをつなぐ
  12.ネットワークの選択画面が出るので
     「社内ネットワーク」を選択する
     



 ※1ローカルエリア接続で使用しているネットワークの
   確認の仕方
   1)「コントロールパネル」-「ネットワークと共有センター」
   2)「アダプターの設定の変更」
   3)「ローカルエリア接続」の灰色文字の部分に書かれている

     




ちなみに上記は会社での出来事で、ワークグループに
入っているPCで行った作業です。

ドメインに入っているPCで可能かどうかは分かりません。
(出来るといいのですが……。うちの会社ドメインメインなので)



拍手[0回]

Posted by 若槻風亜 - 2015.06.14,Sun

(対象)Excel VBA
(確認)Excel2010、2013


今回はExcelでシートの保護と解除をする時の
動作です。

普段はユーザーに触って欲しくないけれど
マクロで作業中はセルの変更や行列の追加削除を
行いたい。

そんな時は作業中に保護・解除を行ってみましょう。
どちらも一文で行えます。





'===========================================================
' シートの保護
'===========================================================
Sub SheetProtect()
  '■アクティブシートの保護
  'Password     = パスワード
  'userInterfaceOnly = 動作を制御する対象をユーザーの操作のみにする
  '           (宣言しないとマクロ動作も制御してしまう)
  
  '1.パスワードつき
  ActiveSheet.Protect Password:="password", userInterfaceOnly:=True
  
  '2.パスワードなし
  'ActiveSheet.Protect, userInterfaceOnly:=True
End Sub


'===========================================================
' シートの保護を解除
'===========================================================
Sub SheetUnProtect()
  '■アクティブシートの保護を解除
  '1.パスワードつき
  ActiveSheet.Unprotect Password:="password"
  
  '2.パスワードなし
  'ActiveSheet.Unprotect
End Sub




保護と解除は割と使うことが多い作業でしょうか。


では今回はこの辺りで。

拍手[0回]

プロフィール
HN:
若槻風亜
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
創作、プログラミング
自己紹介:
仕事や個人で学んだことをまとめておきたかったがために備忘録ブログを立ち上げました。
あくまで自分が学んだこと・自分が出来たことなので、ご覧くださる場合は参照レベルでお願いします。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
最新トラックバック
コガネモチ
フリーエリア



Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]